会社沿革

History

  1. Home
  2. 会社情報
  3. 会社沿革

KYOEIの歩み

History Of KYOEI
1962年12月 川崎市高津区にて高崎健次が【高崎木型製作所】設立
自動車用木型製作を開始
1970年11月 高崎健次が資本金1,000万円で【協栄基型工業株式会社】設立し代表取締役に就任
長男 高崎一豊が取締役専務に就任
それを機に神奈川県綾瀬市吉岡に移転
従業員15名とともに自動車用木型、自動車金型用石膏型、樹脂型製作開始
1985年 自動プロ、NC倣い機2台導入
自動車金型用発泡型製作開始(第2工場稼働開始)
1988年 3次元CAD/CAM、NCマシニングセンター導入
1995年 オークマ門型マシニングセンター MCV-AⅡ導入
金型加工、試作型加工をはじめる
2000年 自動車部品用検査治具専門メーカーとして営業、製造を一本化する
2003年10月 【株式会社 KYOEI】に商号変更
高崎 一豊が代表取締役に、羽田 浩義、高崎 将二が取締役に就任
2008年8月 業務拡大により社屋移転 神奈川県綾瀬市吉岡東4-2-11
高崎 将二が代表取締役に就任
オークマ 門型5軸加工機 MCR-A5C導入
2009年 3次元計測器 ベクトロン導入
2014年 CATIA導入、オークママシニングセンター MILLAC 1052V 導入
2015年 金属部品加工用マシニングセンター オークマ GENOS M560V、 NC旋盤 オークマ GENOS L200-E
上記を導入し検査治具、溶接治具等に使用する金属部品の100%内製化を目指す
従業員数26名(2015年3月現在)